ゆとりある将来のため、資産運用をしていくブログ

資産運用の内容、投資の手法などを発信していきます。

【トライオートETF】【ナンピンココモ式風】開始からの合計損益は36,129円でした(2020年11月第4週末時点)

f:id:dokenf:20201128220341p:plain

 

こんにちは、どけんふです(^-^)

 

インヴァスト証券のトライオートETFナンピンココモ式風の自動売買プログラムを作成して取引を行っています

 

今回金融株トリプルの設定について、60ドル~80ドルの設定を稼働いたしました

シミュレーションもあるよ(^^)/

 

 

トライオートETF運用状況(11月第5週目終了時点)

2020年9月21日開始から現在までの合計損益は+36,129円でした

(内訳)

ナスダック100トリプル

実現損益累計:   15,072円

評価損益  :  +557円

 

金融株トリプル

実現損益累計: 20,716円

評価損益  :  -216円

 

f:id:dokenf:20201128185953p:plain

実現損益とは、保有していたポジションが決済され損益が確定されたものに(受取った分配金と支払った金利を含みます)

 合計損益は実現損益に評価損益を加えたものになります

 

11月は月初めにナスダック100トリプル、金融株トリプルのどちらの銘柄も価格が上昇して大きく利益が増加しました

 

どちらも大きく窓開けする日があり、保有しているポジションが決済予定価格を大きく超えた価格で約定してくれました!

 

【ナンピンココモ式風】現在の設定について

現在稼働している自動売買の注文価格帯は、

ナスダックトリプル204.22ドル~42.64ドルまで(60.64ドル~42.64ドルは暫定的に3ドル幅で7本設定)

金融株トリプル79.12ドル~19.29ドルまで

になっています

※ナスダック100トリプルの60.64ドル~42.64ドルは、ビルダーのシングルカスタムで【ナンピンココモ式風】エントリー価格の設定が出来ませんでした

それに近い設定になるよう3ドル幅で7本設定し稼働させています

直近の価格から離れすぎているエントリー価格は設定できないようです(^^;

 

今回、金融株トリプルについに60ドル~80ドルの設定を稼働させました!

金融株トリプルは11月に入ってから大きく上昇しております

60ドルの価格帯に突入する可能性もあるため設定を稼働させました!

 

追加で設定を稼働させるということは、その分証拠金が追加で必要になるという事なので

正直、金融株トリプルはあまり急に上昇しないでほしいところです

 

証拠金を減らしたいなら、下の価格帯での設定を停止すれば良いのでは?と考えるかもしれませんが、

金融株トリプルは、数か月で半値まで下落することもある銘柄です

3月のコロナショックでは高値から7分の1以下にまで一気に暴落しました

 

そうなると、稼働している価格帯を外れてしまうことになります

稼働している価格帯を外れてしまうとそこでの取引が行われないので、利益の取り損ねが発生することになります

 

暴落が起こり、設定を停止していた価格帯で長い期間推移した場合はどうなるでしょう?

 

暴落時に抱えた含み損を抱えたままで、損益が改善することはないでしょう!(金利も継続してかかってきます!)

なぜなら、稼働していない低い価格帯では取引が行われないのですから!

 

そういうことで、下の価格帯での稼働停止は行わないことにしました

 

さて、金融株トリプルは3月にコロナショックで高値の108ドルから15ドルまで暴落し、11月になるまでコロナショック前の半値の54ドルを超えることもなく推移しました

 

11月現在もコロナショック前の108ドルの価格まで戻ってはいません!

 

そういった値動きをする銘柄でも利益がでる自動売買プログラムを運用する必要があります

 そこで、考案したのが【ナンピンココモ式風】の自動売買プログラムです

 

トライオートETFでは、作成した自動売買プログラムのバックテストが可能なので

金融株トリプルについて【ナンピンココモ式風】の自動売買プログラムバックテストを実施しました

 

その結果がこちら

f:id:dokenf:20201128205004p:plain

※エントリー価格帯は、112.39ドル~19.29ドル

具体的なエントリー価格と利確幅、注文数量はこの記事のずっと進んだところ、

考案した注文の設定(注文価格と利確幅一覧)に記載しています

 

シミュレーション結果では、2018年から証拠金約45万円で運用していたら30%以上の利益が出ているということになります

 

このように、【ナンピンココモ式風】の自動売買プログラムは取引する銘柄の価格が暴落し、元の価格まで戻らなくても利益を得る事が期待できます

 

ところで、【ナンピンココモ式風】の自動売買プログラムではナスダック100トリプルも運用しています

 

現在ナスダック100トリプルはコロナショック前の高値を更新していますが今後はどうなるかわかりません

もしかすると金融株トリプルのように高値から大きく下落して低迷する可能性もあります!

すぐには起こらないにしても、もう少し長い期間を考えるとそういうことも起こりえるのではないかと考えられます

 

そういった値動きをしても利益が出るようにナスダック100トリプルについても【ナンピンココモ式風】の自動売買プログラムを稼働して運用しています

 

自動売買のプログラムはいったん設定して稼働してしまえば、投資にかける時間の節約にもなります

 投資の為にあまり時間をかけたくないという方にもおすすめできます!

 

またトライオートETFでは、すでに用意されている自動売買プログラムを選んで運用することも出来ます

 

興味を持たれた方はインヴァスト証券の口座を開設してトライオートETFの自動売買に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

トライオートETFでは自動売買が可能です!

スポンサーリンク

インヴァスト証券「トライオートETF」

 

 

トライオートETFの関連記事はこちら↓